CentOS 7 でPacketix Clientを使用する。

IMGP1031

※写真と本文は関係ありません。


VPN用に作成したインターフェースの起動がうまくいかなくて、つまづいた。

結果から書くと、作成したインターフェースをNetworkManagerの制御外にするとうまくいった。
作成したインターフェースのconfigで
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-vpn_to_cloud
NM_CONTROLLED=”no” を追記

詳細は以下


Packetixネットワークの構成は、客先内にあるsambaファイルサーバをVPN経由で利用する目的。

クラウドにあるPacketix Serverの仮想HUBにファイルサーバ・WondowsクライアントともPacketix Clientとして接続、ローカルネットワークを構成する感じです。(WondowsクライアントのIPアドレスは仮想HUBのDHCPで配布)

なのでファイルサーバもPacketix Clientとして接続する。今回はOSがCentos7で初めてのケース。
で、サーバをセットアップ。

nmtuiでvpn用インターフェースを追加。IPアドレスなどはローカルIPで固定した。(UIから作成・設定ができる)

サーバのPacketix Clientは
/usr/local/vpnclient/vpncmd でvpnの設定する。(割愛。作成したインターフェースの紐付けとかする)

で、vpn用インターフェースを有効にしようとして、ネットワーク再起動するとエラーになる。

# systemctl restart network.service
Job for network.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status network.service" and "journalctl -xe" for details.

# systemctl status network.service -l
● network.service - LSB: Bring up/down networking
Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/network)
Active: failed (Result: exit-code) since 木 2016-08-18 18:24:33 JST; 21s ago
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
Process: 5743 ExecStop=/etc/rc.d/init.d/network stop (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 6009 ExecStart=/etc/rc.d/init.d/network start (code=exited, status=1/FAILURE)

8月 18 18:24:32 hogehoge-fs2016.localdomain network[6009]: '/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo' ファイルを読み込めませんでした。
8月 18 18:24:32 hogehoge-fs2016.localdomain network[6009]: [ OK ]
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain network[6009]: インターフェース eno1 を活性化中: 接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/3)
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain network[6009]: [ OK ]
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain network[6009]: インターフェース vpn_go_cloud を活性化中: エラー: 接続のアクティベーションに失敗: No suitable device found for this connection.
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain network[6009]: [失敗]
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain systemd[1]: network.service: control process exited, code=exited status=1
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain systemd[1]: Failed to start LSB: Bring up/down networking.
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain systemd[1]: Unit network.service entered failed state.
8月 18 18:24:33 hogehoge-fs2016.localdomain systemd[1]: network.service failed.

vpn用インターフェースで『アクティベーションに失敗』してる。

nmcliでみるとデバイスタイプが『TAP』となっていて何かおかしい

# nmcli device show vpn_go_cloud
GENERAL.デバイス:                       vpn_to_cloud
GENERAL.タイプ:                         tap
GENERAL.ハードウェアアドレス:           XX:XX:XX:XX:XX:XX
GENERAL.MTU:                            1500
GENERAL.状態:                           10 (管理無し)
GENERAL.接続:                           --
GENERAL.CON パス:                       --
IP4.アドレス[1]:                        192.168.221.3/24
IP4.ゲートウェイ:                       
IP4.ルート[1]:                          dst = 169.254.0.0/16, nh = 0.0.0.0, mt = 1004
IP6.アドレス[1]:                        fe80::XXX:XXXX:XXXX:XXXX/64

NetworkManagerを無効にする。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-vpn_to_cloud
NM_CONTROLLED=”no”
を追記(この設定をするとnmtui,nmcli経由で操作できなくなる)

# systemctl restart network.service

サービス再起動できてvpn_to_cloudが認識されるようになった。

CentOS6のころはNetworkManagerインストールしないって選択肢があったけど、7からはダメでした。NetworkManagerを停止するといろいろままならない…。